だうんひる!

最近ヒルクライムレースに出る人や女性が増え、下りでの走り方を良く聞かれるようになったのでひっさしぶりの内容は。

  

 安全なダウンヒル

 

 でやって行こうと思います。

 

ぶっちゃけると「ブレーキ一杯握りしめて~ゆっくり*2下ってく~」が安全なのですが、これを勘違いして曲がっている最中などにやってしまうともう大変!

 

 

 前輪が切れ込み車体が起き上がろうとした後にそのまま前輪がグリップを失い・・・

 

 

とか

 

 

 曲がろうとしているのに車体がまっすぐ進んでしまい崖or壁に・・・

 

 

 ということになってしまいます(やりました)

 

では、どうすればいいのか、簡単です。

 

 スロー(無茶をしない) イン ファスト(安定させて) アウト

  前輪で制動を行いコーナリング中は後輪で釣り合いをとる

  腰は常に浮かせてBBに体重を乗せ手足をサスペンションにする

  ギャップで打ち上げられるのでサドルに座らない

 腿で常に自転車を体に固定しておく

 

 これです、これができれば後は自転車とタイヤとの相談です。

 

 では順を追って~。

 

 

    顔をしっかりと上げ先を見てどこから曲り始めるかどれだけ曲がっているかを見る

 

    曲がる方向と逆のクランクを下げ体重を乗せる

 

    曲れると思う速度まで「明確な意思」を持って減速する、手が疲れるのでだらだら減速しない

 

    減速しきったらブレーキをリリース、この時に曲がる方に顔を向けておくとスムーズにバンクしていきます

 

    曲っている方向の手の上に顎を持っていくようなイメージで上体をずらす、深く曲げたいときは顎を下げるだけで極端に肩を入れない

 

    下っているコーナーの場合加速してしまうので後輪で調節する

 

    出口が見えたら上体をセンターに戻し車体を起こしつつ次の動作へ備える

 

 

文章にするとこんな感じでしょうかね。

 

基本的に人間が主役でそこを支える自転車です、なので乗り手の動揺が直に安定に反映されます、重量差で言っても大体ですし・・・ねぇ。

 

 最後に練習方法ですが別にダウンヒルをやらなくてもいいです!

 

 必要なのは踏んでも大丈夫な物2つと広い場所!

 

 やることも簡単で

 

 いろいろな速度で狙ったところで安定して止まる

 

 八の字をいろいろな姿勢や速度でやって挙動を覚える

 

 曲がっている最中にブレーキをかけて怖い目にあってみる

 

 以上の三つです、これで自転車をコントロールできるようになると下りでも同じです、愛車は練習と同じように操作に答えてくれます、裏切りません。

 

 ズノウイースト

千葉県船橋市東船橋2-9-9

Tel/Fax 047-422-4123

zunoweast@gmail.com

営業時間

11:00 ~ 19:00

定休日

  水曜日

☆Instagramもやっています。

(アカウント名:zunoweast)